病院の待合室はいつも空いており、待ち時間も
長くありません。
でもこの日は違いました。

 

3度目の病院へ通院のことです。
それまでは不妊治療の専門の先生ではなく、
専門分野は子宮頸がんが専門の先生でした。

 

たまたま病院に行く日が不妊専門の先生ではなく
子宮頸がんが専門の先生が担当の日にあたっただけで
こちらが希望したわけではありません。

 

3度目のこの日は不妊治療が専門の先生が担当でした。
病院の入口をはいり、驚きました。
なんでこんなにも人がいるのと。
もしかしたら、がん検診のキャンペーンの日かなと
思い、受付の方に人が多い理由を尋ねました。
すると、本日は〇〇の先生(不妊専門医)ですから。
いつもこれくらいの人数とのこと。

 

驚きました。
同じ病院でも担当医師によってこれほどまで患者が違うこと。
不妊治療を受けている方がこれほどまでいること。

 

また待合室の雰囲気も独特なものがあると感じました。
次回に続きます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村