初めての精液採取の続きになります。

 

採取室に入り、勝負DVDを消去法で
働くOLに決めました。
働くOLには3名のセクシー女優が
登場しました。
DVDのチャプターをパラパラ見ました。
うーん、これと決めることができません。
再度、チャプターを見ました。
これは時間が足りないことを認識しました。
3度目のチャプター確認で
ターゲット女優を決めました。

 

次に、精液をいれる容器を確認しました。
小さいです。
この小さな容器で受け止めることができるのか!?
っていうくらいの大きさでした。

 

男性にしかわからないかもしれませんが、上方向に
出ようとするものを容器にいれるために下方向に
出すというのは難しくて失敗するリスクが高いです。
また下方向に向けて作業をするというプレッシャー
から十分な精液を確保できない恐れもあります。

 

生々しいところは割愛させていただきますが、
四苦八苦しながら容器に採取することができました。

 

こうして初めての精液採取はなんとか無事に終わりました。
退室時に時計を見ると、入室から既に50分が経過していました。
危なかったです。

 

次回は、精液検査の結果についてです。