前回の続きになります。

が、北九州市のセントマザーに行った初診の内容を書きたいのですが、初診なのにタイトルの⓶ってどうなのって感じです。

こういうとことがセンスないなって感じます。

———————–sponsored link———————–


朝の8時半に病院に着いて受付を済ませ、奥さんは初診用の血液等の検査、ボクは精液採取を終え、奥さんと合流しました。

合流後、初診の方たちには院長先生からお話があるとのこと。

ボクたち含めて、5組くらいが別室に案内されました。

院長先生は非常に怖そうで貫禄がある方でした。

 

院長先生が仰った内容です。

.諦めない限り私たちはあなたたちを応援します。一緒に頑張りましょう!
→頼もしいお言葉でした。

.妊娠するためには食生活が大切です。白いものは控えましょう。
例えば、お米やお餅や小麦粉です。
→( ..)φメモメモ

.福岡市で不妊治療体験者の体験談セミナーを行います。是非参加してください。
参加するとしないでは妊娠実績が全く違ってきます。
→よしっ、行くしかないな!

.院長先生がオリジナルソングを歌っていますので、待ち時間にこのタブレットでご覧ください。
→んっ!?、ワンマンというか、絶対者というか、そういう病院なのか!? 察し察し。

 

院長先生から貴重なお話を聞きことも終え、そこからは待ち時間です。

今まで通っていた不妊治療の病院で待つことについてはかなり鍛えられてきました。

 

人工授精のときは、精液採取から3時間待ってきました。

卵管造影のときは、奥さんが痛い思いしているときひたすら待ってきました。

患者さんが多い時も、先生から呼ばれるまで2時間程度の待ち時間はへっちゃらです。

でもね、この病院はスケールが違いました。

朝の8時半に病院の受付を済ませ、全てが終わったのが夜の7時半!

延べ11時間!

どんだけやねん!!

そんな1日でした。

 

↓ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村