始めての通院で採血を行いましたが、奥さんの
採血の結果がでました。

 

特に問題はないとのことです。
強いていうならばAMHが年齢相応とのことです。
奥さんはこのときギリ38歳でした。

 

不妊の原因はボクの精子濃度が薄いことと
奥さんのAMHが年齢相応で高くないことだろう
とのことでした。

 

ボクについては漢方薬を処方され、奥さんに
ついては恐らく何も薬はだされなかったのでは
ないかと思います。

 

医療についてボクが思っていたイメージは、
何かの検査を行い、その検査結果によって
原因が明確になり、その原因に対して何らかの
処方があると思っていました。

 

奥さんのAMHが年齢相応なのは想定内です。
だからどうするということが欲しいのに
この頃は相も変わらずタイミング療法を
行っていました。

 

今になって思えばこのときにもっと素早く
次のステップに移行していたら今の苦労は
なかったのかもしれないと考えると歯がゆい
思いです。

 

先ほど書きましたように、引き続きボクたちは
タイミング療法を行っていくのでした。

 

↓ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村